top of page
Mナオキ_プロフィール画像.jpg

プロフィール

ペンネーム:Mナオキ

誕生日:8月30日

血液型:A型

星座 :乙女座

生まれ:北海道釧路市

育ち :北海道釧路郡釧路町

​修行 :北海道札幌市

仕事 :漫画、絵画、イラスト、文章書き、各種デザイン

仕事②​:釧路町移住推進アドバイザー、心理カウンセラー

特技 :野球(2018年に引退)

​趣味 :温泉・銭湯巡り、旅、コーヒー

Mナオキ自身が作品を作る際に振り返ることもあるため、資料の意味も兼ねて詳しく記述しています。

幼少期

北海道釧路市で生まれる。

​5歳の特に釧路町へ移住。

病弱で危篤状態となることもあった。

​その影響もあり自宅で過ごす時間も長く、幼い頃から絵を描く機会が多かった。

小学生

1991~1997年(平成3~平成9年)

低学年は相変わらず病気がちだった。体育も見学しがちであった。その一方、父が野球好きで

キャッチボールに誘われることも多く、泣いて逃げてばかりで野球は一番嫌いなスポーツであった。漫画とアニメ、テレビゲームの方が好きだった。

転機は4年生になる直前の春休み。テレビゲーム仲間で気晴らしに草野球をしたことがきっかけ

​となり、その後は雨の日も雪の日も気にせず毎日のように野球遊びをする日々が続いた。

だが、心臓病の疑いから野球部に入部することは出来ず、5年生の時に入院を経て医師から

許可を得た上で本格的な野球人生のスタートを切ることができた。

その件とは別に絵は描き続けていた。

病気がちで褒められることも少なかった私にとって、他人に認められることの多かった絵は

唯一の特別な存在であった。

中学生

​1997~2000年(平成9~平成12年)

絵は描き続けていたが、基本的には野球漬けの毎日であった。

​小学~専門学校時代の中で中学生の頃が1番健康体であった。

高校生

​2000~2003年(平成12~平成15年)

北海道釧路北陽高等学校に入学。硬式野球部で汗を流す。

​2年生の時は甲子園の有力候補だったものの、3年間を通して全道大会・北北海道大会より上へ

進むことはできなかった。ただ、プレーの他に礼儀や挨拶など、その後の人生で大切なことを

沢山学ぶことができた。

また、野球と並行して絵も熱心に描いていた。野球か絵で食べていきたいと本気で思って

いたが、2年生の全道大会中にパニック障害(病名が確定したのは数年先)を発症したことを

きっかけに再び健康面での不安が生じ、絵を中心とした進学先を考えるようになった。

 

その想いを理解してくださった美術教師の故・久保先生は、末期癌の身を押しながら、

美術部では無い私に休み時間や放課後を利用して絵のイロハを教えてくださった。

3年生の頃になると美術と野球を両立できる大学を推薦してくださったが、悩んだ末に

漫画家への目標を優先し、漫画学科のある専門学校を選択することとした。

​久保先生の存在が無ければ絵と違う道で生きていたかもしれない。

2003

平成15

 3月 釧路北陽高校卒業 北海道札幌に単身移住する

 4月 専門学校札幌デザイナー学院に入学(アニメ・マンガ学科 マンガ専攻)

 6月 この頃からパニック障害の症状が悪化し始める 倒れることもあった

 秋頃 北京開催での「アジアマンガサミット」に作品を出品 受賞無し

10月 スカウトキャラバンを通して人生初の漫画作品持ち込みを経験

 晩秋 処方薬の数が10種類を超え、心身のコントロールができなくなっていた

    OD(薬物過剰摂取)と発作の中、友人や学校には事情を言えず、頓服薬を

​    常時服用しながら元気なフリをして学校に通い続ける

2004

平成16

 2月 体調の悪化が止まらずドクターストップもあり専門学校を自主退学する

    (この頃「パニック障害」と正式に診断される)

    釧路に帰郷し療養

 6月 専門学校の講師陣の助けもあり、再び本格的に絵の修行を開始する

10月 初めて絵の注文が入り販売をする

​    (初めて売れた絵は「海の絵」と「花の絵」)

2005

平成17

 3月 小説「命の器」 東京の出版社主催のコンテストで最終候補作

 3月 クインシーズ釧路店にて絵画とイラストの作品販売開始(現在は終了)

 5月 社会人軟式野球チーム「グレード1」に入団し、1年半ぶりに試合出場

 秋頃 集英社 月刊少年ジャンプにて初めて担当編集が付く

​11月 漫画家・島本和彦先生に直接漫画のアドバイスをいただく

2006

平成18

 7月 釧路市 イエローヴァリーにて自身初の個展(パステル画・水彩画・イラスト)

10月 釧路市にアパートを借り、作品制作用のスタジオとする

12月 釧路町の設備系企業でロゴデザインが採用される

2007

平成19

 1月 釧路市 弁当ハウス バンバンにて、「M.ナオキコーナー」を設置し絵画・イラストを

    販売する(現在は終了)

 3月 釧路市 輸入雑貨&COFFEE angella にて作品販売開始

 5月 北海道厚岸町  フォト喫茶夢風舎にて個展 「道東画展」(風景画・ペット画)

 7月 釧路町 ささき整骨院にて絵画の展示・販売開始(現在は終了)

 9月 釧路町 NPO法人ゆめのき 秋まつりにて似顔絵コーナー

11 釧路町 NPO法人ゆめのき 主催のイラスト教室にて講師をする

2008

平成20

 3月 釧路町 NPO法人ゆめのき ロゴデザインが採用される

 4月 制作スタジオを釧路市のアパートから釧路町へ移す

 4月 母校の中学校で野球部のコーチを務める(シーズン終了まで)

 6月 株式会社マッハコーポレーションにてニンテンドーDSのソフト制作に関わる

10月 厚岸町 フォト喫茶夢風舎にて個展 「道東画展2」(風景画)

10月 北海道中標津町 家具の丸協にて展示・販売開始(現在は終了)

2009

平成21

 4月 Web漫画サイト マンマルにて「ひょうひょう!(旧バージョン)」連載開始

 9月 釧路町 NPO法人ゆめのき 秋の大収穫祭にて似顔絵コーナー

10月 Web漫画サイト マンマルにて「ひょうひょう!番外編」掲載

    (両漫画ともサイト閉鎖に伴い途中終了)

10月 漫画修行のために再び札幌へ単身移住

2010

平成22

 1月 漫画関係者や野球経験者と共に軟式社会人野球チーム「GUINNESS」を結成する

 3月 長野五輪スキージャンプ金メダリスト 船木和喜選手と出会う

 4月 船木和喜選手に同行し取材を開始 同時にスキージャンプをテーマとする漫画を制作

​ 8月 パニック障害発症後、初めて東京へ出張し出版社各社を巡る

2011

平成13

 3月11日 東日本大震災 故郷釧路も津波の被害を受ける

 5月 GUINNESS 札幌市「ルーキーリーグ」に参戦

10月 札幌市 荒井山シャンツェでスキージャンプを体験

2012

平成24

 5月 GUINNESS 札幌市「オイスターズリーグ」に参戦

 5月 高速道路のパーキングにて急病のため救急車で運ばれる

    東日本大震災前後からこの頃にかけて、再びパニック障害にて体調を崩すことが増加

 

 6月 震災と急病から色々と思うところがあり、秋に東北を巡る旅を計画する

 7月 東北の旅を釧路のユーストリーム放送局「KUCS」にてドキュメント番組化決定

 8月 クエスタ株式会社と提携し商業漫画制作

10月 「M.ナオキ 東北を巡る旅2012秋」決行 同時にKUCSにて放送開始(11月まで)

2013

平成25

 3月 「M.ナオキ 東北を巡る旅2012秋」放送終了

 4月 フリーライターとしてWebマガジンでの執筆開始 (愛知県 株式会社Web企画)

 7月 試合中の半月板損傷、持病悪化のため年末までを棒に振る

2014

平成26

 2月 埼玉県 ケーズオフィスとライター契約 多種サイトにてコラム等執筆

 5月 株式会社スポーツITソリューションとライター契約「Sportie.com」にて不定期執筆

10月 個人事業の屋号を「STUDIO Switch On(スタジオスイッチオン)」として登録

2015

平成27

 2月 持病悪化のため釧路町へ帰郷 しばらくは静養しながらの活動となる

 7月 漫画(小冊子)「M.ナオキの社会見学」を作画 発表

 8月 手作りクレヨン工房Tuna-Kai主催 北海道旭川市ジュンク堂書店「12人の作家展」に

​    作品出品

2016

平成28

 8月 「Tuna-Kaiと13人のアーティスト『映画』を描くin京都」に作品出品

    「12の作家展」全国各地で巡回展

    ※作品を発表することは少ない年であったが、翌年の個展に向けて多数の

​    新作絵画を描いた1年であった

 

2017

平成29

 1月 釧路町 大地みらい信用金庫釧路東支店にて個展「北の自然展 2017in釧路」

    (アクリル画・水彩画・クレヨン画)

 4月 釧路で軟式社会人野球チーム「NEXUS」を結成 代表兼選手

 5月 ナオキブログのカテゴリの一つとして「温泉」に関する項目を取り入れる

​    (これが後に 旅漫画「ひょうひょう!」の連載へ繋がる布石となる)

2018

平成30

 1月 釧路町 遠矢公民館にて個展「道東を想う」(アクリル画・水彩画・クレヨン画)

    (2月まで)

 2月 釧路市 展望レストラン・ワンピースにて個展「夢見る道東の世界」

    (アクリル画・水彩画)(3月まで)

 4月 釧路市 介護付有料老人ホーム悠和館にて個展「空と大地」(アクリル画・水彩画)

 6月 2016年より行われていた巡回展「Tuna-Kaiと13人のアーティスト『映画』を

    描く」が終了

 6月 釧路町 大地みらい信用金庫釧路東支店にて個展「北の自然展2018」

    (アクリル画・水彩画・墨絵)

 7月 釧路市 珈琲堂linoにて個展「涼風が吹き込んで」(アクリル画・水彩画・墨絵・

    グッズ)

 8月 厚岸町 フォト喫茶夢風舎にて個展「道東画展Ⅲ」(アクリル画・水彩画・墨絵・

    漫画・グッズ)(9月まで)

 8月22日 WEBコミック雑誌てんてる にて旅漫画「ひょうひょう! ~北海道の温泉と

    名所巡り~」連載開始

 9月 FMくしろの番組に出演 「ひょうひょう!」が特集される

10月 釧路市 珈琲堂linoにて個展「道東散歩」(アクリル画・水彩画・漫画・グッズ)

    (11月まで)

10月 選手としての野球を引退する

11月 東京都 銀座かわうそ画廊「プチ可愛い展」に出品 完売(アクリル画)

12月 釧路市 ときわ台ヒルズにて個展「美しき野趣」(アクリル画・水彩画・ペン画・

    漫画・グッズ)

12月 株式会社夕緋 自社看板に絵画「釧路の夕情」を採用

    虹河ラキを漫画ヒロインとして描くことをきっかけにVtuber業界と携わることになる

​    習作を除く作品制作数 50点【そのうち漫画は3作(1話分を1作とする)】

2019

平成31

​令和元年

 1月 「ひょうひょう!」が隔月連載から月刊連載へ昇格

 2月 東京都 銀座かわうそ画廊「プチバレンタイン展」に出品(アクリル画・イラスト)

 3月 野球チーム「NEXUS」の代表も辞任し、野球業界から完全に身を引くこととなる

 4月 ペンネームを「M.ナオキ」から「Mナオキ」に変更

 6月 山佐スロワールド「スロコミ」にて「ひょうひょう!」のWeb2誌同時連載を開始

 8月 厚岸町 フォト喫茶夢風舎にて個展「道東画展Ⅳ」(アクリル画・水彩画・ペン画・

    漫画・各種グッズ)(9月まで)

11月 作画活動20年を記念して釧路町より表彰を受ける 役場に「南陽台の夕日」を寄贈

12月 釧路新聞2020年前半のカレンダーに絵画「木の芽風」が採用される

    習作を除く作品制作数 87点【そのうち漫画は13作(1話分を1作とする)】

2020

令和2

 2月 釧路町 カフェシュエットにて個展「ひょうひょう!原画・イラスト展」

    (ルート5.5の原稿・イラスト)(3月まで)

 3月 「ひょうひょう!」単行本 第1巻 出版

 3月 いちごブランド 株式会社夕緋 いちごパッケージデザインに絵画が採用される

 8月 厚岸町 フォト喫茶夢風舎にて個展「道東画展Ⅴ」(アクリル画・水彩画・ペン画・

    漫画・イラスト・各種グッズ)(9月まで)

 

    新型コロナウイルス感染症が年間を通じて全世界で猛威を振るい、漫画家・画家活動

    にも影響が出る

    習作を除く作品制作数 119点【そのうち漫画は15作(1話分を1作とする)】

2021

令和3

 1月 YouTube「Mナオキchannel」開設

 2月 「ひょうひょう!」単行本 第2巻 出版

 3月 「ひょうひょう!」単行本 第1巻 デジタル版が各種電子書籍ストアで販売開始

 6月 JR根室本線「花咲線100周年記念イラスト」制作

 8月 厚岸町 フォト喫茶夢風舎にて個展「道東画展6」(アクリル画・水彩画・墨絵・

    漫画・イラスト・各種グッズ)(9月まで)

12月 各種作品・グッズが釧路町のふるさと納税返礼品として採用される

12月 自身初の同人誌出版

12月 WEBコミック雑誌てんてる サイト終了により「ひょうひょう!」が一旦休載

    習作を除く作品制作数 162点【そのうち漫画は8作(1話分を1作とする)】

2022

令和4

 2月 「釧路ゆうひ」ちゃんのイラストが釧路町のふるさと納税返礼品として採用される

 3月 花咲線糸魚沢駅の廃止時に配布された記念イラストを担当する

 4月 釧路町移住推進アドバイザーに認定される

 4月 神奈川県横浜市 AAA ANNEX GALLERY「水と油展」に出品(絵画原画・グッズ)

 8月 「ひょうひょう!」noteで連載再開

 8月 花咲線と沿線自治体が舞台の漫画「フラワーブルーム」 各種電子書籍ストアで

    連載開始

 9月 「釧路スタジオ2」内の企画展「霧の美術展」にフラワーブルームの扉絵で参加

 9月 厚岸町 フォト喫茶夢風舎にて個展「道東画展7」(アクリル画・水彩画・墨絵・

    漫画・イラスト・各種グッズ)(10月まで)

11月 東京ビッグサイト「DESIGN FESTA vol.56」にAtelierブースより絵画作品で参加

12月 大阪府大阪市 ミライエギャラリー「第19回 感性の息吹展」にイラストで参加

    習作を除く作品制作数 174点【そのうち漫画は4作(1話分を1作とする)】

2023

令和5

 2月 「ひょうひょう!」単行本 第2巻 デジタル版が各種電子書籍ストアで販売開始

 4月 北海道弟子屈町 川湯温泉街にて開催の「Kawayu+i展」にイラストで参加

 5月 北海道根室市 ホテルねむろ海陽亭 にてフラワーブルームの展示開始

 8月 上級心理カウンセラー 資格取得

10月 京都芸術大学に入学

10月 「ひょうひょう!」単行本 第3巻 出版 (紙媒体・デジタル版)

11月 アートのフリーマガジン「つくりびと」に墨絵「早春の別保川」が掲載される

    習作を除く作品制作数 162点【そのうち漫画は4作(1話分を1作とする)】

2024

令和6

 1月 未定

bottom of page