top of page
DSCF5762_2.jpg

メールカウンセリング

​上級心理カウンセラーの資格を持つMナオキが​病気をはじめとする様々なお悩みに、メール形式にて寄り添わせていただきます

メールカウンセリングとは?

カウンセラーとメール形式でやり取りをします。

​時間を気にせずご自身のタイミングでカウンセリングを受けることが可能です。

​対話方式でのやり取りが苦手な方にもオススメです。

カウンセリングの流れ

STEP.

ページの下にあるフォームに

必要事項を入力し、送信ボタンを押してください。

​最短即日~2日ほどでカウンセラー​からメールが届きます。

STEP.

お支払い内容をお伝えします。

5日以内のお支払いをお願いいたします。

お支払い確認後、カウンセリングが​スタートします。

STEP.

1往復目に、カウンセラーより

お悩みや症状についてお尋ねする内容のメールをお送りします。状況を把握するため、できる限り詳しくお伝えください。

STEP.

2往復目以降は、ご相談者様に合わせた内容でカウンセリングを行います。

気持ちが楽になりますよう、

メールにて寄り添います。

コース・料金

2024052602.jpg

お試しコース

4 往復

3,300

(税込み)

お1人様 1度限り

2024052602.jpg

基本コース

6 往復

6,600

(税込み)

まずは悩みを相談したい方へ

2024052602.jpg

ゆったりコース

​18 往復

18,000

(税込み)

時間をかけて悩みと向き合う方へ

​■ 例外を除き、1ヵ月8往復までのやり取りとさせていただきます。

■ 長期に渡ってのカウンセリングをご希望される方も、お手数ですが18往復後に再度「ゆったりコース」のご契約をお願いいたします。

■ 現時点では銀行振り込みのみ対応しております。

カウンセラー紹介

心理カウンセリング カウンセラー画像

Mナオキ

上級心理カウンセラー

高校時代にパニック障害を発症し、専門学校では症状の悪化により自主退学をすることになる。

その後は本業である絵の仕事を始めるものの、長年に渡り病気と向き合う期間が続く。症状の強く出た期間は自身もカウンセリングによる治療を受け、カウンセリングの重要性を感じると共に、いつの日か同じような病に苦しむ方達のために何かできることはないかと思うようになる。

最初は自分自身のために中国漢方ライフアドバイザーの資格を取得。2023年には上級心理カウンセラーの資格を

取得し、本業と並行しながら心理カウンセラーとしての活動をスタートさせる。その後も芸大に入学し学び直す中で、芸術と並行しながら心理学を履修するなど学びを深め続ける。

心理カウンセリングを行う上で一番大切にしていることは、病気による苦しみを経験したからこそ、相談者様と同じ目線に立ち、​

・寄り添うカウンセリング

・一緒に問題解決を目指すカウンセリング

​を心掛けるようにやり取りを行っている。

よくあるご質問

得意とするカウンセリング分野は?

カウンセラー自身が闘病生活を送ってきたパニック障害を中心に、心の病全般を得意のカウンセリング分野としています。それ以外の病気にもできる限り対応させていただきます。

​また、病気以外でもお悩みを聞くことができる場合もありますので、まずはお気軽にメッセージをお送りください。

やり取りのペースは?

急ぎの場合を除き、平均5~7日間隔でのやり取りを想定してカウンセリングを行っています。

これは、カウンセリング後に日常生活での取り組みや意識の変化等を確認するためです。

カウンセリングできない場合もある?

できる限りのお悩みには寄り添わせていただきたいと思っております。

ただ、早急に医療機関を受診した方が良いこともありますので(統合失調症・解離性同一性障害・認知症などが疑われる場合や、会話が全く噛み合わない場合など)、その場合は診察をオススメすることがございます。

また、カウンセリング内容に酷く否定的だった場合や攻撃的な場合、身の危険を​感じた場合などは、途中でカウンセリングを打ち切らせていただくこともございます。予めご了承ください。

どのくらいの文字数でやり取りするの?

やり取りの内容によってさまざまですが、こちらからの返信は300文字~

1500文字程度になることが多いです。

また、カウンセリング内容によっては画像にて資料等をお送りすることも

ございます。

新規 空きあり

お申し込み・お問い合わせはこちらから

送信ありがとうございました。カウンセラーからの返信をおまちください。

​■ 内容によってはお断りさせていただく場合がございます。予めご了承ください。

■ お悩みの内容や症状の深刻度によっては病院をオススメすることがございます。

bottom of page